主に3パターン【AGA治療は遺伝的要素へとアプローチ】

遺伝を調べる

虫眼鏡

AGAは、遺伝的要素の強い脱毛症だといわれています。AGAを引き起こす原因の一端を担っているのが5αリダクターゼという酵素ですが、この酵素がどれだけ生成されるか、あるいはどれくらいの働きを持つのかというのが遺伝因子となっており、症状も遺伝するとされているのです。
遺伝であればAGA治療も無意味なのではないか、と心配する人もいるかもしれませんが、AGA治療はこの遺伝的要素へアプローチするものなので、十分に可能です。
そして、AGAが発症する前から、自分がAGAを発症しやすいかどうか、つまり遺伝因子を受け継いでいないかどうかをチェックする方法があります。

この遺伝チェックを行うと、主に2つのポイントを把握することができます。
ひとつは、自身が今後AGAを発症するかどうか、あるいは発症したらどのように進行する可能性があるのか、というものです。遺伝的要素が強いからこそ、5αリダクターゼの働きを調べることで将来の症状も予測することができるのです。もちろん、100%の結果が出るわけではありませんが、将来に備えることはできます。
もうひとつは、AGA治療薬が自身に効果的となるかどうか、というものです。同じAGAを発症したとしても、その治療薬が有効かどうかは人によって異なります。劇的に効く人もいれば、大した効果があらわれないという人もいるのです。そういった要素が事前に予測することができるので、もし効果がなさそうだとしても、「治療薬を試してみたけど効果が薄かった」といった後悔を回避することができます。もちろん、この結果をもとに計画的に治療の道筋を立てることができるので、事前にチェックすることによるメリットは多くあります。