主に3パターン【AGA治療は遺伝的要素へとアプローチ】

選択肢ふたつ

検査

5αリダクターゼという酵素がAGAの発症の大きな原因となっていることは、確定的です。そして、5αリダクターゼの働きが遺伝することも分かっています。遺伝するとなると一見AGA治療が絶望的に見えますが、遺伝するからこそ、AGA治療を開始する前から「AGAを発症しやすいかどうか」を調べることが可能です。AGAの遺伝的要素をチェックすることで、AGA治療をより効率的に進めることができます。

AGAが遺伝しているかどうかをチェックする方法は、ふたつあります。ひとつは病院へ受診する方法で、もうひとつはチェックキットを取り寄せて調べてもらう方法です。
病院へ受診する方法だと、チェックキットを使用する場合とくらべて多少値段が高くなります。また、一度通院してサンプルを採取したあと、その結果を医師から説明してもらうためにもう一度来院する必要もあります。
ただし、より精度の高いチェックをすることができる点にメリットがあり、また、結果が出たその場で医師と一緒に治療の計画を立てることができます。病院によっては、ある程度患者の意思を尊重してくれる場合もあるので、相談しながら治療の計画を進めることができます。
キットを使う場合は、サンプルを採取して送り、その検査結果が届くのを待つだけなので、直接病院へ行くより手軽に行えるというメリットがあります。料金も安く済みますので、今はAGAの兆候がないけど一応調べておきたい、仕事が忙しくてなかなか病院へ行く時間が取れない、といった場合に使用することができます。