主に3パターン【AGA治療は遺伝的要素へとアプローチ】

ホルモンの作用

男性

脱毛症の原因はさまざまにあり、AGAに限って言っても、いくつかの原因が複合的に重なって発症する場合があります。例えば、ストレスはAGAの症状を進行させる原因のひとつです。
しかしAGAは、確定的とされている大きな原因があります。そのため、AGA治療はそのポイントを狙って行われ、ある程度確実な治療が見込めます。もちろん、AGA治療薬の効果があらわれるかどうかは人によって変わるため、AGA治療薬を服用すれば必ず症状が改善するというわけではありません。

AGAの確定的とされている原因は、ホルモンの働きにあります。
ここで取り上げるホルモンは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモン。男性ホルモンというからには男性に多く、体の形成などに関与しています。ただ女性にないわけではなく、女性の体にも少し存在しています。
このテストステロンは、5αリダクターゼという還元酵素の働きを受けると、ジヒドロテストステロンという別のホルモンへと変化します。この変化は、毛細血管から毛包内に入る際に行われ、ジヒドロテストステロンは毛包内で刺激物となり、髪の毛の成長しようとする力を手折ってしまいます。そのため、ヘアサイクルのなかで「成長」のセクションが十分に経られることなく髪の毛が抜けてしまうので、脱毛症となってしまうのです。
テストステロンは体に必要なホルモンですので、AGA治療の際は、5αリダクターゼがテストステロンへちょっかいを出さないようにというアプローチが取られています。